ZiACO(ジアコ)の除菌効果と消臭効果

Ziaco効果

ZiACO(ジアコ)は、クリクラが開発した次亜塩素酸水溶液です。

 

クリクラは、ウォーターサーバーや宅配水で有名ですよね。
TVCMもやっているので注目している人も多いでしょう。

 

さて、ZiACOには除菌効果と消臭効果があります。

早速、効果について詳しく見てみましょう!

 

 

 

効果的な次亜塩素酸水溶液ZiACO(ジアコ)とは?

クリクラの原水と次亜塩素酸ナトリウム、炭酸ガスを原料として作られています。

Ziaco原料

 

クリクラの原水

クリクラの原水は、RO膜処理水です。
RO膜処理水は、宇宙開発の現場などで利用されている最先端のろ過システムで作られた水です。

 

逆浸透膜を使って、水の不純物や雑味を徹底的に排除します。
安全でクリアな水にします。

Ziacoクリクラの原水

 

 

次亜塩素酸ナトリウムと炭酸ガスの効果

次亜塩素酸ナトリウムは、医療や介護施設、食品工場、飲食店、水道水などの除菌対策で広く使われています。
次亜塩素酸ナトリウムは「次亜塩素酸(HCIO)」と「次亜塩素酸イオン(ClO-)」で除菌効果と消臭効果を発揮します。

 

この2つの成分は、PH(酸性〜アルカリ性)によって比率が変わります。
PHが中性に近づくと、何が変わるのか?

 

シンプルに効果がすご〜く変わります。

 

次亜塩素酸は次亜塩素酸イオンの数倍から数十倍の除菌&消臭能力があるので、次亜塩素酸の比率が高くなればなるほど効果が高くなります。

Ziaco領域

ZiACO(ジアコ)では、次亜塩素酸ナトリウムに炭酸ガスとクリクラ原水を混ぜることで、弱酸性〜中性にして次亜塩素酸がほぼ100%の状態にしています。

 

 

 

効果的なZiACO(ジアコ)のメリットとデメリット

メリット

  • 次亜塩素酸ナトリウムより除菌効果があります。
  • 肌に優しいです。

 

除菌効果については今まで説明した通りですね。
肌に優しいのは、人の肌が弱酸性だからです。

 

アルカリ性の強い洗剤に触れると、肌荒れしてしまいますが、ZiACOは弱酸性〜中性なのでそんなことはありません。
むしろ肌に優しく子供でも平気です。

 

 

デメリット

  • 不安定で保存性が悪い。

ZiACO(ジアコ)は「開封後3ヶ月以内に使ってください」って注記がありますが、次亜塩素酸ナトリウムに比べると不安性だからです。

 

 

 

ZiACO(ジアコ)の効果(参考資料)

ZiACO(ジアコ)の除菌効果

Ziaco効果1

Ziaco効果2

試験機関:一般社団法人 北里環境科学センター
※1:約6畳の試験空間でウイルス数の変化を測定
※2:約6畳の試験空間でシャーレに付着させたウイルス数の変化を測定
※1と※2 使用環境で異なります。

 

 

ZiACO(ジアコ)の消臭効果

約90分で臭気強度2.0に低減

Ziaco効果3

 

臭気強度

5 強烈な臭い
4 強い臭い
3 楽に感知できる臭い
2 何の臭いかわかる弱い臭い
1 やっと感知できるにおい
0 無臭

 

試験機関:暮らしの科学研究所株式会社
約14畳の試験空間でペット臭に対する消臭効果。臭気強度表示法によりパネル6名で試験。

 

 

 

まとめ

ZiACOの効果についてまとめました。
次亜塩素酸ナトリウムも効果が合って安全!

 

試してみる価値はあると思いますよ。

 

公式サイトはこちらへ

ZiACO(ジアコ)

 

TOPへ