台風対策として窓ガラスにダンボールを外側に貼るには理由があります。貼り方もレクチャー

台風対策で窓にダンボールを外側に貼る

 

日本にいると、台風で悩まされることが多いですよね。
しかも最近は、地球温度化で水蒸気が多くなり、強い台風が増えてきています。

 

私のマンションの3階の部屋は、雨戸やシャッターがないため、台風のときに物(飛来物)が飛んできて、窓ガラスが割れたことがありました。針金入りの強化ガラスをしていたため、部屋の中にガラスの破片が散らばることはありませんでしたが、しっかりヒビが入りました。

 

もしダンボールなどで守っていればと思っても、後の祭りです。

 

後悔しないためにも、台風対策で窓ガラスをしっかり守りましょう。

 

 

 

 

台風対策で窓ガラスにダンボールを貼る場合、外側と内側どっち?

ダンボールは外側に貼った方がいいのか?

 

窓ガラスにダンボールを貼って台風対策をするのは、昔からやっていた人も多いため、それだけにノウハウもあります。

 

では、ダンボールは窓ガラスの外側に貼った方が良いのでしょうか? それとも内側に貼った方が良いのでしょうか?

 

絶対に外側です。
ちょっと理由を考えたら、分かりますよね。飛来物から窓ガラスを守らないといけないからです。
外側ではなく内側にダンボールを貼ってもガードになりません。

 

外側に貼っておけば、ダンボールがクッションになって窓ガラスの破損を防止できます。

 

 

ツイッターでもツイートされている方が多いです。

 

 

 

なお、窓ガラスのガードは、100均のカラーボードやべニア板でも代用できます。

 

 

 

台風対策として窓ガラスにダンボールを外側に貼る方法は?

ダンボールの貼り方

 

窓に、ダンボールを貼る方法は以下の通りです。

  1. 養生テープまたは布テープ、カッターを用意します。
  2. 網戸がある場合は外します。
  3. ダンボールを窓ガラスの大きさに切ります。窓枠は含まない大きさです。
  4. 切ったダンボールを窓ガラスにセットし、養生テープで貼ります。養生テープは、後で剥がしやすくするために窓枠に貼ります。

これだけです。

 

 

できるだけ、ダンボールと窓ガラスに隙間がないようにしてください。隙間があると、雨や風が入ってダンボールが剥がれる恐れがあります。

 

台風の威力に耐えられるように、しっかり貼ることが大切ですね。

 

 

 

台風対策でダンボールを窓ガラスの内側に貼るケースもある

 

台風対策でダンボールを貼るときは、窓の外側に貼るのが基本です。
しかし以下の場合は、内側に貼った方が良いでしょう(両方貼ると、確実ですが)。

 

見栄えを気にする場合です。
特に店舗経営をやっている方は、外観が気になりますよね。もし美容院や飲食店などで、ダンボールが外側に貼っていたらどうでしょうか? 「台風対策をやっているんだなァ」と納得するお客様もいるでしょうが、大抵はお店に入ろうとはしないはずです。

 

見栄えを考えて、ダンボールを外側に貼るのを躊躇するのではないでしょうか?

でも、万が一窓ガラスが割れて、店内にガラスの破片が四散したら危険です。そんなときは、ダンボールを内側に貼りましょう。
内側でも、「ダンボールはちょっと」と思われる方は、飛散防止フィルムがあります。

 

フィルムだったら、見栄えも悪くないです。

 

 

ニトムズ ガラス 飛散防止シート 地震・台風・防災 幅32cm×長さ1.8m 1枚入 M6130

新品価格
¥612から
(2021/8/23 08:33時点)

 

 

なお、窓ガラスの飛散防止には、ダンボールを使わずに「米」の字状または「X」マークに養生テープを貼ることもあります。簡易的に処理をしたい場合におすすめです。

 

 

 

ダンボールを窓に貼るテープの選び方

 

台風対策として窓ガラスを貼るとき、養生テープまたは布製のガムテープをおすすめしました。

 

ベストなのは、養生テープです。「ようじょうテープ」と読みます。
養生テープは、使い終わったら剥がすことを前提に作られているため、跡が残りにくいのが特長です。逆に紙のガムテープは絶対に避けないといけません。台風が去って剥がしたときに跡が残って後処理が大変になります。

 

特に入手困難以外は、養生テープを用意しましょう。
アマゾンなどで簡単に手に入ります。

 

ダイヤテックス パイオランクロス 養生用テープ 緑 50mm×25m Y-09-GR [マスキングテープ]

新品価格
¥270から
(2021/8/23 08:13時点)

 

 

 

台風対策でダンボールを窓ガラスに貼るべきか否かの判断は、風速で!

 

台風対策で、毎回窓ガラスにダンボールを貼るのは面倒ですよね。
しかし、台風は1回で終わるとは限りません。場合によって、2階から5回発生してやってきます。

 

そのたびにダンボールで台風対策をするのは、ちょっと手間ではないでしょうか?

 

そこで、風速を目安にして処理するかどうかを決めると良いと思います。風速は、台風関連のニュースや天気予報を視聴すると、「台風〇号は、風速〇まるメートルで......」と情報を出しているので、聞き逃さないように注意してください。

 

窓ガラスをガードした方が良い風速は、33m/s(64ノット)以上の場合です。
窓ガラスは、瞬間風速48m/sぐらまでは耐えられるように設計されているようですが、飛来物のリスクを考えておかないといけません。

 

風速が33m/s以上の場合は、ダンボールで窓側ガラスの外側をがっちりガードした方が良いと思います。

100%大丈夫だという保証はできないので、不安な方は30m/sでも処理してください。

 

なお、今までの最大瞬間風速は、昭和41年(1966年)9月5日に沖縄・宮古島で起こった85.3m、または昭和36年(1961年)9月16日に高知・室戸岬での84.5mだと言われています。

 

想像しただけで怖いですよね。

 

 

 

まとめ

 

台風対策で窓をダンボールでガードするには、外側の方が良いです。ダンボールを窓ガラスのサイズに切って、養生テープを使ってしっかり窓枠に固定します。

 

見栄えを気にされる方は、ダンボールを内側に貼りましょう。
窓ガラスが割れますが、飛散することを防止できます。

 

台風対策は、窓ガラス以外にも、浸水対策や植木鉢対策、停電対策、断水対策などいろいろあります。

 

 

備えあれば患いなしです。


TOPへ